釈由美子のギランバレー症候群はどうなったか - 復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈由美子のギランバレー症候群はどうなったか

釈由美子といえば、ブログ で、難病に指定されている ギランバレー症候群と診断されたことを告白しましたね。

釈由美子のブログによると、症状は極めて軽いようです。

末梢神経炎程度の症状に過ぎないということで、ブログの記事は削除されたようです。

ギランバレー症候群と闘った日々

ギランバレー症候群とは、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かすための運動神経障害で急に手やに力が入らなくなる病気。
重症の場合では中枢神経障害性の呼吸不全を来す。

獣医師との破局もあり、これまで以上に仕事に打ち込むように思います。

 女優、釈由美子(32)が来年1月8日スタートのNHK「隠密八百八町」(土曜後7・30)で初の連ドラ時代劇に出演することが7日、分かった。江戸幕府の悪政に苦しむ庶民のため、巨悪を懲らしめる「隠密組」の紅一点、おとき役。得意のアクションシーンもふんだんに盛り込まれ、やる気をみなぎらせている。私生活では、結婚を約束していたイケメン獣医と破局したが、仕事一筋、撮影にまい進中だ。(サンケイスポーツ)

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101108-00000030-sanspo-ent
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。