水嶋ヒロのKAGEROUの評価に酷評が多数 - 復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水嶋ヒロのKAGEROUの評価に酷評が多数

水嶋ヒロのKAGEROUがたたき売り状態。

KAGEROU

そして、八百長疑惑も浮上。

ポプラ社は、当然否定しているが、実際にKAGEROUを読んでみると、このレベルで大賞に選ばれたのか?という疑問が浮かび上がる。

命の尊さをテーマにしている割には、内容が薄く軽すぎる。

KAGEROUを評価していた、評論家がテレビにたくさん出ていたが、一般人が読むと評価に値しないという意見が多い。

これでは、八百長疑惑が浮上してもおかしくない。

 ポプラ社の小説大賞を受賞し、異例の売り上げを記録している水嶋ヒロ(齋藤智裕)の「KAGEROU」。だが、今回の受賞が「八百長だった」と一部週刊誌が報道。この記事に対して同社がホームページでコメントしている。(RBB TODAY)

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000008-rbb-ent
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。